毎日着たくなる、田中さんのカシミヤセーター

このご時世、クリック1つで様々な物が買えるようになりました。そんな中、ネットでも買えず、お店でも買えないカシミヤセーターがあります。

arrow57

このセーターは、長らくファッション業界でバイイングを手がけ、現在はファッションリサーチ会社を主宰する田中さんという方により作られています。4年ほど前、田中さんはシェットランドセーターのカシミヤ版が着たいと思い立ち探しはじめるも、どこにも売っていない。あったとしても、とても高い。だったら自分で作るしかないと、自分自身のため、そして大切な友人のためにと作りはじめたのがスタートでした。

12-41
【C.Shetland】5GAUGE / Cashmere 100%

ブランド名で物を選ぶのではなく、物自体のよさで選んで欲しいという思いから、ブランド名がありません。また、田中さん自身、襟ぐりにつけられたタグが嫌で取ってしまうことから、そのカシミヤセーターの襟ぐりにはタグもありません(もちろん、品質表示タグは裾の内側にあります)。

現在はシーズンになると、田中さんの事務所にて受注会が開かれ、友人を招いて販売されています。何ともローテクな方法ですが、直接人の手から人の手へ渡っていくことを大事にされているからこそで、卸はしないスタイルを続けているんだそうです。そして4年経った今では、業界内で噂を呼び、その質の良さがじわじわと広がっています。そう、これはまさに、知る人ぞ知るセーターなんです。

12-31

程よいリラックス感がありながら、クラシックであることをとても大切にされている田中さんは、デザインは極力しない引き算のスタイルを心掛けているそうです。そんな中、首まわりのデザインは全体を美しく仕上げるためのキモだと言います。だから、首まわりや肩まわりは、特にサンプル製作を何度も重ねたそうです。

12-51
【C.V M W】12GAUGE / Cashmere 100%

例えば、クルーネックセーターのうちの一つは首まわりの空きが少しだけ横に広かったり、Vネックセーターは前は浅いVネックで後ろがUネックになっていたり。縫製もフラットになるような編み方を採用し、美しく仕上がっています。ミニマルな中にも、さりげないデザイン性が絶妙です。

襟ぐりのあきは、男性であればインナーにTシャツを合わせることを想定し、インナーとセーターの重なりが丁度美しく見えるバランスが計算されています。女性であればインナーにキャミソールを合わせることを想定し、デコルテが綺麗に見えるよう考えられているんです。私もここ数年、Vネックは着ていませんでしたが、これを着て衝撃を受けました。

12-61【C.Sweat】12GAUGE / Cashmere 100%

サイズ展開はXS~Lまでの4サイズ展開。ユニセックスで提案されていて、ジャストに着たい方、少しゆとりをもたせて着たい方、着る人それぞれのスタイルで選べる多様性のあるサイジングになっています。また、サイズは一般的に同じピッチで展開していくのですが、こちらは各サイズで一番美しく見えるバランス計算されていて、それぞれのサイズごとに微調整されているんですよ。

12-71
【sc.p-j-t】16GAUGE / Silk 85% Cashmere 15%

セーターはカットソーやシャツなどとは違い、とても長く着ることができるアイテムです。洗い方やメンテナンスに気を付ければ、本当に何年も着られるものです。長く着てもらいたいという思いから、真面目に丁寧に作られ、その後のメンテナンスも受け付けています。メンテナンスはホコリやゴミを取り除き、毛玉は丁寧にカット、スチームをあてる、といったことです。これは道具さえあれば特に難しいものでもなく、自分でメンテナンスする方法を教えてもらうこともできます。大切なものをメンテナンスしながら使い続けるという気持ちよさはひとしおですよね。

12-81

上質なセーターというと、私は今まで着る日を選んでいましたが、「何度でも着て、毛玉や毛羽立ちがでてきた風合いもまた、その人なりのセーターの育ち方」と言う田中さんの言葉を聞いてから、なんだか気張らず日々に取り入れられるようになりました。メンテナンスをきちんと施せば、綺麗に着続けることができますし、逆に表情が出てくるのでどんどんと愛着が湧いてくるんです。お気に入りを普段の日にも着られるということは、とても心地のよいこと。ちなみに、私の中では「ジョン スメドレー」のニットが今までの一番のお気に入りでしたが、今ではこの田中さんのセーターも大のお気に入りです。

また、卸しをしていないので、中間に人が入らず、良心的な価格も実現しています。田中さんは、上質なものを買いやすい価格でお届けすることも大きいテーマにしているのです。価格は、市場価格の半分ほどだと思ってください。

12-101【C.PON-PON】Cashmere 100%


12-91
【C.Cap II】Cashmere 100%

今年のラインナップは、カシミヤセーターが3種類、シルクカシミヤセーターが1種類、ニットキャップが2種類、マフラーが2種類で、それぞれに5色以上の展開でした。そして、色展開も商品ごとに共通の色もありながら違う色もあったり。アイテムに見合った田中さんの気分が反映されているのです。

12-111【C.petite-warm】Cashmere 100%

個人的に今年の新作であるマフラーもかなりツボなんですが、是非セーターとセットで合わせたいなぁと思っています。どのセーターもそれぞれに特徴が違えど、どれも合わせやすいベーシックなデザインです。あえて古着のデニムなどカジュアルなものと合わせればその存在感が際立ちますし、上質なスラックスと合わせてクラシックに着こなしても上手くまとまります。どちらにせよ、一目瞭然に上質なそのクオリティ。どのセーターも、着る人の株をぐんと上げてくれることは間違いありません。

12-121【C.SLEEVE】Cashmere 100%

それぞれの型におけるこだわりポイントや細かい特徴など、まだまだここに書ききれていないことも沢山あります(いつも長々とすみません……)。それらは、実際に受注会にてお伝えさせて頂ければと思います。是非ともまずはご試着ください。軽くて暖かく肌触りがいいクオリティ、洗練されたデザイン、お手頃価格。着ていてハッピーづくしです。心からおすすめいたします。

卸をしていないということで、田中さんと繋がりがないと手に入らないというこちらのカシミヤセーターですが、実はもっと多くの方にこの幸せを味わってほしいという強い思いから、今年「HOEK」にて1/6(土)~14(日)の間、受注会を開催することが実現しました。 今年は残念ながらもう終わってしまったのですが、こちらを目にして気になられた方も大勢いらっしゃるのではないかと思います。
そこで、先の話で申し訳ないのですが、来年も開催を予定しておりますので首を長くしてお待ちいただけると幸いです。

なお、サンプルを試着していただきご注文をお受けするという形になりますので、お届けは秋頃となります。手元に届くまで時間を頂きますが、その待つという行為まで楽しんで頂けると幸いです。(ですので、来年の受注での商品はまたその先の秋頃の納品日程になります。申し訳ありません。)

実際に、大変貴重なこの受注会は、嬉しいことに私たちの予想を大幅に上回る多くの方々にご来場頂きました。そして、大勢の方がその質に驚かれ納得し、その価格にも喜んで受注して行かれました。

ちなみに、普段から、私共夫婦もかなりの頻度で田中さんのカシミヤセーターを着用し店頭におりますが、着ているだけでお客様に質問されることがよくあります。触ったらなおさら驚かれますが、一目瞭然の質の良さというわけなのです。

そんな素敵なカシミヤセーターは、毎年定番色に加え新色も登場いたします。
今年も絶妙なカラー展開で何枚も欲しくなるほどでした。
受注会のお知らせはこちらでもお知らせする予定ですので、是非ともお見逃しなくお出かけいただければと思います。この軽くて柔らかな重厚な暖かさを是非体感していただければと思います。長く着られる、上質でよいものを買いやすい価格で購入できる、年に一度の機会となります。この幸せを少しでも多くの方に感じてほしい一品です。

まだまだ先の話で恐縮ですが、来年も開催予定ですので、楽しみにして頂ければと思います。

本当に毎日着たくなりますよ。

 

12-110

 

ウェブマガジン「暮らしとおしゃれの編集室」
コラム “今日のひとしな” 掲載より
http://kurashi-to-oshare.jp

 

HOEK


HOEK instagram

HOEK facebook

 

 

 

毎日着たくなる、田中さんのカシミヤセーター