むら染めの糸から生まれる「KIKKOU(キッコウ)」のアクセサリー

1

繊細でありながら独創的な世界観が広がる「KIKKOU」のアクセサリー。

このフォルム、初めて目にした時から引き込まれるものがありました。
くるりと、なんだか気の抜けたフォルムは愛らしく、一目惚れに近い感覚でした。

s-20226020_253704988454826_2142071246177697792_n-1

色も絶妙な加減のものばかり。よく見ると、細かな糸が整然と細い金属に巻かれています。全体的に和の空気を感じつつ、それに留まらない不思議な世界観。妖艶でもあり、ノスタルジックでもあり、その空気感は独特です。

s-kikkou_1200_1-2

「KIKKOU」は、デザイナーの亀甲有美さんが糸と金属を使い、1つ1つ手で作り出すアクセサリーブランドです。

使用されているこの不思議な糸の色、一体どうやって生まれているのかというと、染色工場の職人のおじいちゃんが、仕事とは別に個人的にリボンをむら染めしているのだそうです。だから染まり具合も色加減も一つ一つに表情があり、どれも特徴的。
もしかすると、そのおじいちゃんの気分も反映されているのかもしれませんね(笑)。

そんな素敵なむら染めリボンを、亀甲さんが丁寧に一つ一つ解き、その細かな繊維を使って様々なフォルムの金属に巻きつけて制作しているんです。

s-23595709_556052614735204_416754025489235968_n

その偶然に出来た色のグラデーションや模様を、アクセサリーに落とし込むその技術は素晴らしいものです。本当に丁寧に美しく巻かれているので、こういう作品を見るたびにデザイナーさんや職人さんの技術と才能に感動を覚えます。

s-21689900_784734871699677_1366517486731657216_n

s-24126331_183866978833268_1976742033510891520_n

色々な天然石や淡水パールが組み合わせられているものもあり、レパートリーがとにかく豊富です。
グラデーションがきれいなものから、深い色合いが素敵なもの、絶妙なカラーリングのものまで一点ものに近いアクセサリーです。
使われている天然石の種類や糸色によって印象がガラリと変わるので、どれにしようかと本気で迷ってしまいます。

131838552_o1

「HOEK」では、「KIKKOU」のアクセサリーは昨年末より、まずは「ひねりピアス」から取り扱いを開始させていただいておりますが、その他のラインナップもどれも素敵です。
徐々にラインナップが増え、今では様々なデザインのピアスやイヤリング、イヤーカフなどを展開しています。

131720510_o1

131724137_o1

131713439_o1

131837499

131724028_o1

「KIKKOU」のアクセサリーは一見、コーディネートが難しそうにも見えますが、そんなことはないんです。
個性的ながら、上品な色合いと繊細なその風貌は、意外にもコーディネートを選びません。普段使いとしてカジュアルにも合わせやすいと思います。

「HOEK」では、気がつけば糸にまつわるアクセサリーの取り扱いが増えていました。
以前にもご紹介した「Amito(アミト)」、今回の「KIKKOU」。他にもコロンとした小さな粒が可愛らしいピアスを展開している「ciito(しいと)」に、落ち綿を固めて作った、まるで大理石の表情を思わせる「suno&Morrison(スノ&モリソン)」。どれも作家さんのセンスと思いの詰まった素敵なアクセサリーです。

s-DSC_02092
ciito

s-IMG_7770
suno&Morrison

 

糸はご縁を思わせる言葉でもあります。そんな素敵な糸から生み出されるアクセサリーをどうぞ感じてみてください。

 

「KIKKOU」の商品ページ
http://hoek.jp/?mode=cate&cbid=2036074&csid=20&sort=n

 

HOEK


HOEK instagram

HOEK facebook

 

 

 

 

むら染めの糸から生まれる「KIKKOU(キッコウ)」のアクセサリー