コンパクトで使いやすい「エンダースキーマ」の財布

“ミニマル”

この数年でよく聞くようになったこの言葉。
僕はミニマルなデザインも空間も好きですし、逆に色々なものが混じってごちゃごちゃしているように見れるけど、その人の個性が出ているデザイン、空間も好きです。

要はどっちも好きなのです。
なので、すっきりしすぎていると何か物足りないようにも感じ、ごちゃごちゃしすぎているとそれはそれで気になって、あれこれとバランスを考えたりしてしまいます。

1410

「HOEK」の店内も、要所要所でものが綺麗に見えるようにミニマルに展示している箇所もありますが、マンションの一室という決して広くない限られた空間なので、その中で「HOEK」らしさが出るように気をつかっています。

友人の部屋に訪れたような居心地のよさを大切にしているので、什器もなるべくヴィンテージの家具や現代の家具を織り交ぜ、国も年代も様々に、部屋のような空間を心がけています。

そこでも大事なのは“バランス”です。

「HOEK」で現在取り扱いしている様々なブランドの中でも、新作が出る度、「バランスがいいなぁ」と感心させられるブランド、それが今回紹介する「Hender Scheme(エンダー スキーマ)」です。
デザインのバランス、素材使いのバランス、価格のバランス。すべてがバランスよく備わっています。

14-13

14-21

その中でも、今回ご紹介するレザーの財布は、傑作だと思っている商品です。まずは、すっきりとしたデザイン。そして、とてもコンパクト(約9×10×2.5cm)なんです。

14-31

14-41

開くと、小銭入れ、カード入れ、お札入れがバランスよく配置されています。

14-51

そして、小銭入れ部分に特徴があります。

コンパクトさを追求すると、どうしても小銭入れが無かったり、あっても使いづらかったりするものが多いのですが、こちらは違います。
小銭入れの蓋部分を下に向け、そこに小銭を滑り込ませて、中身を確認できる仕様になっています。そうすることで、蓋の部分に小銭を広げた状態から取り出せるのです。
蓋部分の両端を内側に押すようにすると立体的になり、より取り出しやすくなります。
よく考えられていますよね。

このデザインにより、コンパクトでありながら小銭入れの使いやすさも実現しています。価格も、財布にしてはお手頃感のある15,000円(税抜)。

とてもコンパクトなのですっきりと持つことができ、ミニマルなデザインで使いやすく、そして買いやすい価格。バランスよすぎです。

14-61

色は4色展開で、ナチュラル、ブラック、ネイビー、そして新色のブラウン。どの色も使い込むごとに艶が出てきて、経年変化も楽しめます。特にナチチュラルは、使い込むごとに濃い飴色に変化します。

東京・浅草で職人とともにもの作りをしている「エンダー スキーマ」。
職人技を盛り込みながら、現代的なアイディアを加え、とてもモダンなデザインに落とし込んでいます。レザーシューズがメインのブランドですが、現在はレザーで作るインテリア雑貨や生活用品も豊富に発表しています。
「HOEK」でもとても人気のあるブランドで、様々な商品を取扱いしていますので、是非ご覧にいらしてください。

今年の僕のテーマは、“バランス”です。


Hender Scheme wallet 商品ページ

 

ウェブマガジン「暮らしとおしゃれの編集室」
コラム “今日のひとしな” 掲載より
http://kurashi-to-oshare.jp

 

HOEK


HOEK instagram

HOEK facebook

 

 

 

コンパクトで使いやすい「エンダースキーマ」の財布