「TEMPO DROP(テンポドロップ)」で、日常にささやかな癒しを

そのドロップ型の美しいガラスに閉じ込められた無色透明の液体は、天候の変化に応じて様々な表情の結晶を生み出します。見ているものの心を癒すその幻想的な様子は、静寂な時をも感じさせてくれます。

3c13ea1ff7ea4751edb5fab827d667104485707a2

この「Perrocaliente(ペロカリエンテ)」の「TEMPO DROP(テンポドロップ)」というオブジェは、19世紀にヨーロッパの航海士などの間で天候を予測することに利用されていた、“ストームグラス(天気管)”というものが原型になっています。

中身は樟脳(クスノキのエキス)や硝酸カリウム、エタノールなどを溶かした液体。その液体が天候により様々な結晶を生み出すことで、当時は天候を予知したり、雷雨がやってくる方向を読み取ることができると考えられていました。

進化論を唱えたチャールズ・ダーウィンが乗船したビーグル号や、ジュール・ヴェルヌの小説「海底二万里」に登場する潜水艦ノーチラス号にも搭載されていたのだそうです。

0113

029

しかしながら、結晶化現象については謎が多いのも事実。大気の温度や湿度、気圧、大気電気学的な影響等によって、溶解度や結晶形状が変化するためと考えられていますが、根本的な原因は未だに研究途上だといいます。なんだかミステリアスですよね。

というわけで、現在では予測器としての実用は難しいようですが、季節によって景色が変わるように、日々変化する結晶の様子を楽しめるオブジェとして親しまれているのです。結晶が成長したり、崩壊したり、浮遊したり。日々変化するその自然現象は、まるでアートのよう。

PastedGraphic-4

サイズは2種類。大きいサイズのオブジェは底が球体になっており、自立するための木製の台が付属します。ミニサイズのオブジェはガラスの底がフラットで、そのまま自立するデザインになっています(ミニサイズには台は付属しません)。大きいほうは窓辺やキッチンカウンター、玄関に、小さいほうはデスクや枕元のキャビネットなどに、と幅広く取り込めるのも嬉しいところです。

「テンポドロップ」の結晶は、天候や季節により以下のように表情が変化します。

晴れ:中の固形物が完全に沈み、液体が澄み切ります。

雨:透明の液体の中に、たくさんの小さな星のような結晶が浮遊します。

嵐:高い位置まで、大きな葉のような結晶が現れます。

夏、天気がよく暑くなる時:沈殿物は低い位置で留まり、液体が澄み切ります。

冬、降雪で寒くなる時:液体が白濁し、高い位置まで沈殿物が積もり、小さな星のような結晶が浮遊します。

風や嵐が接近している時:接近してくる方向の反対側の面に沈殿ができます。

自然の摂理によって生み出される様々な美しい結晶現象。ご紹介したこの「ペロカリエンテ」の「テンポドロップ」は、シンプルで無駄のないデザインですので、インテリアのテイストも選びません。

日頃から、ふとした瞬間に眺めることができ、変化を楽しむことのできるオブジェって素敵じゃないですか? 息が詰まったり、ちょっと疲れたりしたりした時も、ふと眺めるだけで不思議に気持ちをほぐしてくれますよ。

寒い冬の朝に窓辺に置いた「テンポドロップ」はまた格別で、ガラスいっぱいに浮遊する結晶に光が差し込み、美しい姿を見せてくれます。静かな音楽、暖かい白湯、心地よいアロマの香りなど、是非ご自身のお好きなスタイルと合わせてこの癒しのアートを楽しんでいただければと思います。心が洗われるひとときを日常に。お薦めです。

Tempo-Drop_mini_package01 Tempo-Drop_package02

また、説明書も付属していますので、どんな物なのかが分かりやすく、ボックスも素敵なので、結婚祝いや引越祝い、誕生日プレゼントなどにもとてもおすすめです。

ストームグラス

ストームグラスミニ

ウェブマガジン「暮らしとおしゃれの編集室」
コラム “今日のひとしな” 掲載より
http://kurashi-to-oshare.jp

HOEK


HOEK instagram

HOEK facebook

 

 

「TEMPO DROP(テンポドロップ)」で、日常にささやかな癒しを

粉雪のような淡水パール「Amito(アミト)」のアクセサリー

「身の回りにいる家族や友人、恋人のように親密で、生活にそっと寄り添う様な存在」をコンセプトに、着物の刺繍に使われる絹糸や金銀糸を編んだり、金属に糸を結びとめる技法で装身具を提案している「Amito」。

amito20180402a

制作は、デザイナーである若山麻子さん自身が一点一点丁寧な手仕事により生み出しており、時間をかけた手作業ならではのやさしい手触りと、身につけていることを忘れるほどの軽やかさが特徴です。

スクリーンショット-2017-12-16-16.55.33

淡水パールや天然石、ヴィンテージガラスなどの素材を用い、ノスタルジックな空気感を持つアクセサリーを展開しています。

スクリーンショット-2017-12-16-16.32.07

中でも冬の時期、特に人気が高いシリーズの一つがこの「雪の日シリーズ」。使用されているのは淡水パールと絹糸。パールの粒の大きさや、編み込む間隔により、「ボタン雪」「雪の日」「粉雪」「みぞれ雪」と、様々な雪模様を表現しています。

形がいびつな淡水パールを、柔らかな糸で編み込んでいるため、チェーンに通されたものとは全く印象が異なります。全体的に丸みを帯び、柔らかな印象です。そのフォルムもまた一層、雪の日を連想させてくれるんです。

DSC_0150

また、絹糸で編み込まれているので、金属アレルギーの方にもおすすめです(ただし、留め具のみ14金ゴールドフィルドになりますのでご注意ください)。

4-e01c6

いちばん粒の大きいパールを使った「ボタン雪」ネックレスのロングサイズ(80cm)をつけると、こんな感じです。

114533255_o1

二重にするとこうなります。

5-985e2

ロングは、腕にぐるぐると巻いてブレスレットとしても秀逸です。

114533636_o1

ショートサイズのほうの長さは40cmです。「ボタン雪」はパールの大きさが2.5~3mmの大粒なので、クラシカルな印象です。

114531803_o2

「ボタン雪」より少し小さい、約2mmのパールを使った「雪の日」ネックレスのロングサイズをつけると、こんな感じです。

114531803_o1

腕に巻いても。「ボタン雪」よりもパールの粒がひと回り小さくなるだけで、こんなに印象が変わるんです。ノスタルジックな空気感は、雪の日そのものですよね。

98190639_o1

こちらは「雪の日」ネックレスのショートサイズです。

8-01c1b

「粉雪」ネックレスのロングサイズを二重につけると、こんな印象に。

10-1497c

こちらもブレスレットに。小さな淡水パールがひしめき合って並ぶ様子は、粉雪さながらです。カジュアルにもフォーマルにも使い勝手の良いデザインですね。

スクリーンショット-2017-12-16-16.56.14

「みぞれ雪」は、極小の淡水パールを、2個ずつの連続性を持って編み込まれています。

スクリーンショット-2017-12-16-16.55.16

スクリーンショット-2017-12-16-16.33.13

スクリーンショット-2017-12-16-16.31.52

「雪の日シリーズ」のほかにも、多くのシリーズを生み出している「Amito」。
「HOEK」では全ラインナップがご覧いただけるポップアップショップも年に数回開催しております。是非美しいその世界観に癒されてみてください。

Amito 商品ページ
http://hoek.jp/?mode=cate&cbid=2036074&csid=5&sort=n

 

ウェブマガジン「暮らしとおしゃれの編集室」
コラム “今日のひとしな” 掲載より
http://kurashi-to-oshare.jp

 

HOEK


HOEK instagram

HOEK facebook

 

 

 

 

粉雪のような淡水パール「Amito(アミト)」のアクセサリー